近藤 健と池田 元

随筆春秋の池田 元は、愛媛県松山市の出身である。祖母方の先祖は代々、藩の剣術指南役を務めている。元禄時代には、赤穂浪士である堀部安兵衛(ほりべやすべえ)と不破数右衛門(ふわかずえもん)が切腹した際の「介錯人」(かいしゃくにん)を務めた。その先祖の名を荒川十太夫(じゅうだゆう)という。

介錯人を務めるというのは、当時では大変名誉なことであった。そのエピソードは、講談「荒川十太夫」や、浪曲「ほまれの三百石」で、今も語り継がれている。

そのことを知ったイラストレーターのもりいくすお先生が、荒川十太夫を描いている。モデルは、テレビでこの役を演じた俳優の渡辺 謙である。

もりいくすお先生との縁がきっかけで、池田は赤穂浪士の子孫や関係者、歴史研究者らと知己を得た。最下段の写真中央は、堀部安兵衛の従兄(いとこ)である佐藤條右衛門(じょうえもん)の子孫にあたる佐藤 紘さんである。右が、堀部安兵衛の父、弥兵衛(やへい)の介錯人で熊本藩士の米良市右衛門(めらいちえもん)の子孫にあたる近藤 健だ。近藤は現在、同人誌 随筆春秋の代表を務めている。

池田が随筆春秋に入ったのは、この近藤の勧めがあったからである。池田は現在、一般社団法人随筆春秋の理事長を務めている。


2021.02.04

正倉一文


池田 元の詳しい情報はこちらをご覧ください。←CLICK!

近藤 健の詳しい情報はこちらをご覧ください。←CLICK!


※この文章は池田元の「不思議な縁の話」をもとに編集しました。

もりいくすお先生の許可を得て、以下のイラストを掲載しています。


もりいくすお 作「荒川十太夫」(モデル / 俳優 渡辺 謙)


介錯(かいしゃく)の様子

クリック ↑

フリー百科事典Wikipediaより


2人の介錯人の子孫に挟まれる佐藤 紘さん

(佐藤さんは首を斬られた安兵衛の末裔)

左が池田 元、中央が佐藤 紘さん、右が近藤 健

随筆春秋資料室

📙随筆春秋事務局📙

0コメント

  • 1000 / 1000